PCR検査仕様詳細

  • HOME
  • PCR検査仕様

鉄骨+ひさし+看板三方横幕+前面透明幕
正面に検査用の穴、両側面にメッシュ生地仕様の窓、背面に医療従事者用入口のファスナーと陽圧用の穴が開いています。

感染症拡大を防ぐためには徹底検査と軽症者の徹底隔離が何よりも最優先される対策です。しかし、日本においては、検査キットはあっても検査をする場所が限られているのが現実です。そのため、充分な検査を難しくしてしまい、今回の新型コロナのみならず、今後の感染症拡大対策にも影を落としかねません。しかし、緊急受付テント「救護キーパー」PCR仕様は検査場所をあらゆる場所に仮設置することを可能にした大きな縦看板付きテントです。
大きな看板でPCR検査を告知するだけでなく、三方を囲い背面から入れるようにして、正面は検査員が両腕を出せる穴が開いており、さらに陽圧のための送風を引き入れる穴も開けています。側面にはメッシュの生地による窓を付け、中にいる検査員の体調も考慮しています。また前面をタープのように垂れ下げることで受検される方も日差しや雨から守ります。
そして、組み立て式テントですので、持ち運びも設置も簡単です。検査員と受検者双方の立場に立った、皆様のお役に立てる、いつでもどこでも感染症検査することを目的とした製品です。

緊急受付テント「救護キーパー」PCR検査仕様とは

三方横幕と前方穴あき透明幕を取付して、換気にも配慮し、陽圧のための送風を引き込める仕様にしました。検査員の方の感染症対策を施しての検査を実現します。

検査員の軽装備化をテントによって可能にしました

① テントの中に入る都合上、どうしても熱気がこもりがちになるところを、側面にメッシュ生地の窓を付けて換気を確保しています。
② 前方の透明幕には、検査用窓を作り、そこから腕を出して検査します。
③ 背面隅、陽圧無菌室に近い状況をつくるために送風機を使用できるよう、通風孔を開けました。その他、中に持ち込む電源コードは背面の幕の下から通します。
④ 入口は背面から。ファスナーを上げ下げして中に入ることにより、検査開始まで、受検者との不要な接触を避けることが可能です。

日よけ風よけ雨よけ目隠し用でタープを別途ご用意できます

テントひさし裏より、タープのようにテント生地を吊り下げることによって、検査中の受検者の日よけ雨よけ風よけの効果と白幕には受検中の姿を隠す効果があります。特に日差しの強い日ではなく、別段、検査中の姿を隠す必要がなければ、雨除け風よけ用として透明幕をご用意いたします。状況に合わせてお使い分けください。

手軽に組立・撤去・移動、場所を選ばずテントが建てばそこが検査場

①2人で簡単設営(4本柱タイプ)

②軽トラックでも運搬可能

③病院や保健所にこだわらない設置場所

大きな縦看板と雨除け日差し除けのひさしで受検される方も快適検査

①公園、学校、駐車場等どこに建ててもどんなに広い場所でも、
大きな看板が位置を知らせてくれます。

②検査中は立っていても座っていてもテントから
せり出したひさしが受検者を日差しから守ります。

「救護キーパー」PCR検査仕様の使用例

「救護キーパー」PCR検査仕様は、受検される方のご要望に応じて、立ってでも座ってでも検査できるように、正面透明幕には高さを違えて、検査官が両腕を突き出せる穴を開けてあります。使用例として下記に動線(人の動き)を加えて、立った状態で受けられる場合と、座った状態で受けられる場合をご紹介させていただきます。

【立って受けられる場合】

前面透明幕には2か所、腕を出せる穴を開けてありますので、穴の位置が地面から高い方で下図のように受検者様を出迎えていただき、向かい合ってサンプル採取を終えましたら、受検者様が入ってこられた方向から、帰っていただきますよう、お勧め願います。

【座って受けられる場合】

前面透明幕には2 か所、腕を出せる穴を開けてありますので、穴の位置が地面から低い方でで下図のように受検者様を出迎えていただき、受検者は検査員に対して横向きで椅子に座っていただきますよう促してください。
検査員の方がサンプル採取を終えましたら、受検者様が入ってこられた方向から、帰っていただきますよう、お勧め願います。なお、イスの向きに関しましては、検査員の方が採取しやすい方向で構いません。


あくまでも一例ですので、使用される際には、検査員受検者双方がやりやすい使い方を見つけてください。なお、検査につきましては、一人ずつでお願いします。

「救護キーパー」PCR検査仕様のスペック及び価格

全高 3,500㎜ 全幅 2,700㎜
奥行 2,700㎜ 軒下 2,000㎜
柱本数 4本
白横幕 3枚(幅2,700㎜×高さ2000㎜) 透明幕 1枚(幅2,700㎜×高さ2000㎜)

ご注文方法

下記の「救護キーパーPCR検査仕様注文フォーム」より、必要事項を入力して送信してください。

緊急受付テント「救護キーパーPCR検査仕様」注文フォーム

※お届け先の住所が異なる場合は、備考欄に「郵便番号・住所・電話番号・宛先名」をご入力の上、送信してください。

 セット

※4本柱タイプ:間口2.7m【鉄骨+ひさし(白)+天幕(白)+看板(印刷込)+白横幕3枚+透明幕1枚】1セット223,000円(税抜き)

※その他(オーダーメイド)の場合は、別途費用が発生いたします。
※その他(オーダーメイド)をお選びの場合は、備考欄にご記入ください。

 枚

 セット

注文後の流れ

お送りいただいた注文書を元に担当より注文内容確認のご連絡をいたします。
ご注文確定後、金額をお伝えいたしますので、弊社指定の銀行口座へお振込みをお願いいたします。
(尚、振込手数料はお客様にてご負担いただきますようお願いいたします。)
ご入金確認後、「救護キーパー」PCR検査仕様の制作に入らせていただきます。10日~2週間程度(土日祝除く)で商品を発送させていただきます。

お支払方法について

ご注文確定後に担当より金額をご連絡いたしますので、下記弊社指定の銀行口座にお振込みをお願いいたします。(※振込手数料はお客様にてご負担いただきますようお願いいたします。)

金融機関名:北國(ほっこく)銀行
支店名:大聖寺支店
口座種類:当座預金
口座番号:005542
口座名義:株式会社スガモトテント

ご入金確認後、「救護キーパー」PCR検査仕様の制作に入らせていただきます。10日~2週間程度(土日祝除く)でご指定のご住所に商品を発送させていただきます。